人情にホロリ「隠し金の絵図 風車の浜吉・捕物綴」

「風車の浜吉」シリーズの、第二弾です。伊藤桂一先生著。

訳あって、かつて五年、江戸を離れていた御用聞きの浜吉。

馴染みの根津に戻り、風車を売りながら、目明かし稼業を再開しました。

頼もしい子分の留造に銀、良い仲間や上司にも恵まれて、腕利き親分の力を発揮する浜吉。

五年間の放浪で得た、知識や技能も大いに事件解決に役立っています。

短編集で、表題作はかつての盗賊に絡む謎解きです。

浜吉の元に届いた手紙は、かつて活躍した盗賊・つばくろの遺言状。

悪徳商人から盗んだ金を、貧しい者に撒いた義賊・つばくろは、正体も何も謎のままに、姿を消しました。その正体は、なんと浜吉が助けた子供の父親

そのお礼に、死ぬ間際にお宝の在りかを、手紙で浜吉に知らせたのです。しかし一筋縄ではいかず、宝の地図は暗号仕立て。

謎を解かねば、お宝は行方知れずのままです。浜吉と仲間が知恵を絞り、お宝探しに奔走します。

殺しもなく、穏やかな読後感の一作。娘を助けられたことがキッカケで、盗みを止めたつばくろ。自分が追う相手の身内とは知らずに、子供を助けた浜吉。

人情がいつの間にか、人を動かしている……浜吉達の人柄もあり、安心して読める捕物帖です。「金の欲しい気持ちは、泥棒も役人も同じ」という述懐にも考えさせられます。