「NOと言わせない企画書の書き方・つくり方」

ビジネスでの交渉や社内/社外のプレゼンテーションで確実に必要になる企画書の、書き方や構成の仕方の本です。

この本は、具体的です。本の中心は、第4章の具体的な企画書の書き方・構成の仕方を中心に構成されていると感じました。

これを中心として他の事が章ごとにまとめられており、他章でとくに重要なものは、企画書を用いたプレゼンテーションの技法(第5章)、実際の企画書の様々なサンプル(第7章)、企画書を実際に書く時にチェックする5つのポイント(第3章)、だと思いました。

実際に企画書を書いた事がない人にとって、第4章と第7章はとても参考になると思います。

たとえば第4章では、色々な企画別に、企画書の各ページで書く項目がまとめられています。

例えば商品企画であれば、1ページ目がタイトル、2ページ目がはじめに、3が前提条件、4が現状調査分析、6が商品コンセプト…といった具合です。

商品企画以外にも、「販売促進企画」「広告企画」「飲食店店舗計画」など、さまざまな企画書のフレームワークが示されていて、大変に実践的で便利でした。

また、第7章では、そのフロー図だけでなく、具体的な企画書の図例なども出ていますので、どのようにレイアウトするかなども分かり、たいへん実践的な本だと思います。